株式会社サンユー ザイペックス事業部

ザイペックス工法の詳細はこちらをご覧ください。
[ NETIS QS-000011 / ザイペックス工法 ]
水でお困りの方へ朗報!!

画期的劣化防止剤ザイペックス・コンセントレートは、その優秀な防水・止水能力が信頼され、 『青函トンネル』や『新幹線御徒町トンネル』において驚異的な成果を発揮しています。

二重構造は不要です。
  コンセントレートでビルの地下室を防水すれば、二重構造は不要となります。
  ザイペックス独自の施工方法により、打継目地の止水板も不要となります。

屋上の防水は塗布だけ!!
  施工後発生するクラックには、結晶増殖作用による再生機能で結晶が充填されます。

透水試験『加水圧13kg f/cu×120hrs』で透水量「0」の完全防水。
  コンセントレートによる防水は、塗膜防水ではありません。
  (財)建材試験センター等の透水試験は、塗布層を削除して行いますが、その結果、
  『加水圧13kg f/cu×120hrs』で透水量「0」の完全防水を証明。
  コンセントレートをコンクリート表面に塗布すると、コンクリート内部まで深く浸透して躯体を緻密化して、
  防水効果を発揮します。
  従って、地下の高い水圧でも、内部からの防水施工が可能となります。

完全無機質のため経年変化がありません。
  コンセントレートは、単なる防水材では有りません。完全無機質のため経年変化がなく塗布すれば次のような効果が
  自動的に発揮されます。
  (1)凍結防止 (2)塩害防止 (3)中性化抑止 (4)アルカリ骨材反応抑止
  (5)圧縮強度向上 (6)放射性核種浸透抑止 (7)化学抵抗性


世界が注目するザイペックス製品
  コンセントレートを主材とするザイペックス製品は、世界各国のビル、トンネル、ダム、浄水場、
  原子力施設、橋梁、駐車場、等様々なコンクリート建造物に使用され、注目を浴びております。
当社では、首都圏において、地下70mの下水道施設、NTT洞道、東電地下施設、 擁壁等の土木構造物の止水工事、及び、建築物の地下室、内外壁、屋上等の 防水工事を数多く手掛け豊富な経験、実績を有しております。
カタログ・資料等の請求、及び工法説明などをご希望される方は、 お気軽にお問い合わせ下さい。